商品一覧

CBD商品は日本で合法なのか?

「CBD・カンナビノイドが心の安定や緊張感、様々な病気への効果が期待されているのは分かったけど、そもそもCBDは合法なのか?」

医療大麻の是非をめぐる議論や、芸能人の大麻のニュースをみて、そんな疑問をぬぐい切れない方もいるのではないでしょうか。

今回は、安心して商品を選んでいただけるように、皆さんの疑問を解決していきます。

目次
CBD抽出部位によって異なる違法性
CBD商品に含まれると違法になる成分THC
CBD商品を購入する際は信頼できる販売店を利用すること

CBD抽出部位によって異なる違法性

基本的に、日本で取り扱われているCBDオイルなどのCBD商品は、合法化されています。

CBDが日本で合法か非合法かを判断するためには、CBDがどの部分から抽出されているかにより異なります。

日本の大麻取締法第1条において、違法として取り締まられる大麻は以下のように規定されています。

この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

つまり、大麻草の葉や花から作られる製品は規制対象で、成熟した茎や種子からなる製品は規制対象外(合法)、ということです。

ご存じない方も多いのですが、皆さんの身近なものでは、七味唐辛子に入っている、あのガリっとするゴマより少し大きい種や、小鳥のエサには大麻の実が入っており、言うまでもなく合法的に販売されているのです。

このことからもわかるように、一般的に日本で見つけられるCBDオイルなどの商品は、成熟した茎や種子から作られており、合法です。

一方で、海外では日本では違法となる、成分抽出部位から作られるCBD商品も販売されているため、個人が海外でCBD商品を購入する際には注意が必要です。

CBD商品に含まれると違法になる成分THC

一般的にCBDは日本で合法化されていること、ただし、CBD自体の抽出がどこからされているかによって、違法性が異なることは理解していただけたのではないでしょうか。

ですが、CBD商品が日本で合法と認識されるためには、もうひとつ1つ注意点があります。

それは向精神作用がある成分「THC (テトラヒドロカンナビノール)」が商品に含まれていないことです。

THC (テトラヒドロカンナビノール) は日本において、麻薬及び向精神薬取締法により麻薬に指定されています。

CBD製品の成分分析でTHC成分が見つかった場合は、大麻取締法上の対象となる「大麻」の疑いがあるため、製品の販売禁止、すでに購入してしまった場合には保健所への提出が求められます。
事実、2020年にもCBD商品の成分分析で、THC成分が含まれている商品が分かり、厚生省のホームページで、商品の提出が求められたケースもあります。

国会映像 (CBD商品についての議論)
https://www.youtube.com/watch?v=IOPxCp9eN4k

CBD商品を購入する際は信頼できる販売店を利用すること

CBD商品は日本で合法化されています。
ですが、厚生省のホームページでも出ているように、商品が日本に輸入され販売されてから、法律に触れることが分かり、商品の提出が求められるケースもあるのが現実です。

購入してから違法性が発覚してしまうことを避けるためにも、商品が違法となる部位から作られていないか、違法となる成分が入っていないかを確認している、信頼できる販売会社からCBDオイルなどのCBD商品を購入するようにしましょう

 

aequusで取り扱っている商品一覧はこちらから!

 

参考サイト:

http://cannabis.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=19144
https://hado.com/cbd/
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/yakubuturanyou/other/torishimari_00004.html

_Blog