商品一覧

CBDオイルとは何か?- CBDの特徴と効果

北米やヨーロッパではスーパーフードとして、既に浸透しているCBDオイル。
最近、日本でもLEONやOCEANS、美stのような有名雑誌にも取り上げられ、元横綱の稀勢の里が、CBDオイルの広告塔になるなど、注目を浴びています。

ですが、そもそも「CBD」とは何なのかご存知ですか?

【目次】

  • CBDとは何か?
  • CBDの効果とは何か?
  • CBDの特徴とは何か?
  • 海外でCBDはどのように使われているのか?
  • 日本でCBDはどのように使われているか?
  • 身近な悩み・症状にも効果が期待できるCBD

CBDとは何か?

CBDとは、麻に含まれる有効成分、Cannabidiol(カンナビジオール)の略称です。
CBDは、麻の抽出物の40%を占めることもある成分だと言われています。
そして、そのCBDが入ったオイルを「CBDオイル」と言います。

CBDは「カンナビノイド」の三大主成分の一つです。
睡眠障害、うつ病、痛みや損傷後の疼痛等、様々な症状への有効性が研究・検証されており、最も研究が進んでいるのは、てんかんの治療における研究です。

「麻」に含まれる成分と聞くと、麻薬のイメージが先に浮かんできてしまうかもしれませんが、CBDは日本の法律でも使用が認められている、安全な成分です。

日本では、食品衛生法、大麻取締法、麻薬及び向精神薬取締法等の法律で厳しく管理されており、合法の健康食品として扱われています。

また、WHO(世界保健機関)の報告書においても、CBDは依存の症例報告はなく、CBD の使用に関連する公衆衛生上の問題はない、と評価されているのがCBDです。

そんなCBDは、なぜスーパーフードと言われているのか?その効果を見ていきましょう。

関連記事:CBDオイルは安全か?

CBDの効果とは何か?

CBDの効果は、身近な悩みから、てんかんのような病気においてその効果が検証されています。
WHOによる2017年の報告によると、私たちの多くが経験している悩み、不安、不眠症、片頭痛、筋緊張、不穏状態、疲労、集中困難の減少等、日常的な悩みや症状においての有効性が期待されています。

また、特にてんかんにおいて、効果的な治療方法としてCBDの実証が進んでいます。
他にも、治療効果を有すると考えられている疾患は、アルツハイマー病、パーキンソン病、統合失調症、癌、関節リウマチ等多岐に渡り、様々な国でその症状の改善に効果が期待されています。

関連リンク:CBDの効果をより詳しく見る

CBDの特徴とは?

前述したとおり、CBDはカンナビノイドの三大主成分の一つです。
そのCBDには大きな3つの特徴があります。

1. 向精神効果などのような効果はなく、依存・身体依存・耐性は見られない。
2. 副作用が少なく、心理的な機能に影響がない。
3. 医療用として様々な国で認証されている。

麻から作られるため、「麻薬」「ドラック」のような印象を受けがちなCBDですが、向精神効果をもたらす成分THC(三大主成分の一つ)とは違い、純 CBD 使用に関連した乱用あるいは依存、副作用の症例報告はありません。

また、北米・ヨーロッパを中心に嗜好用・医療用として認可されており、スイスやいくつかの国においては向精神効果を生まないことから、麻薬法が適用されない成分として扱われています。

海外でCBDはどのように使われているのか?

北米、特にアメリカにおいて、CBDは様々な方法で使われています。
CBD専門店や薬局、オーガニックショップなどで商品を見つけることができ、以下のような形で販売されています。

CBDオイル

最も一般的な商品がオイル。一般的にスポイトを使用して舌の下に数滴オイルを落とします。
他の摂取方法に比べ濃度が濃いものも多く販売されていますが、濃度の薄いものは、不眠や不安の解消をしたいとき、濃度の濃いものは、てんかんや慢性痛を持っている方が多く利用しているようです。

CBDオイル商品一覧

CBDエディブル

CBD入りのグミや食用オイル、チョコレート、ガム、飴、クッキー、お茶など様々な形でCBD食品が販売されています。
その手軽さと効果の感じやすさから人気の摂取方法の一つですが、摂取する人の代謝や体質に作用される部分が多いとされています。

CBDエディブル商品一覧

CBDリキッド/吸引(ベイプ)

CBDリキッドを蒸気化させて、肺からCBDを摂取する方法で、CBDオイルのベタつきが気になる方や普段から喫煙されている人に愛用されている摂取方法です。

CBDリキッド商品一覧

サプリメント

CBDを最も簡単に摂取できる方法で、さらに目的によって例えばビタミンやDHAなど必要な成分を追加しているため、”朝起きた時はスッキリ出来るサプリ””寝る前は眠気を感じるサプリ”といった形で使い分けをしながら使用されているようです。

CBDサプリメント商品一覧

 

日本でCBDはどのように使われているか?

 

北米やヨーロッパに比べ、まだ日本ではCBDが浸透していません。
ですが、有名雑誌に取り上げられたり、国会で議論されるなど、以前に比べCBDの認知は高まっています。

そんな日本でCBDは、オイルやリキッドを介しベイプで摂取するのが一般的で、日系の商品なども含め、CBD商品の数は年々増えてきています。

身近な悩み・症状にも効果が期待できるCBD

 

CBDは、向精神効果などの効果も、身体依存も見られない、WHOでも検証済みの安全な成分です。
日本では健康食品として取り扱われており、食品衛生法、大麻取締法、麻薬及び向精神薬取締法等の法律で厳しく管理されています。

CBDは、特にてんかんにおいて、その効果が実証されています。
ですが、私たちが持っている日常的な悩み、例えば、不安・不眠・頭痛・緊張の緩和でもその有効性が期待されており、特に海外ではCBDオイルやCBD食品の摂取が一般的になりつつあります。

私たちが日常的に悩まされる症状から多くの疾患まで検証が進められており、WHOをはじめとする様々な機関によって効果が認められているのがCBDです。

 

 

【参照URL】
http://cannabis.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20180903144647-7124AA3F1E5FD3F9580E9146B8B7F50E05DD6699E228F41B3BD8D369697F3411.pdf
https://cbd-info.jp/about/
https://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/5.2_CBD.pdf
https://thecbdbenefits.com/learn/best-ways-to-consume-cbd/
http://cannabis.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20180903144647-7124AA3F1E5FD3F9580E9146B8B7F50E05DD6699E228F41B3BD8D369697F3411.pdf

_Blog