商品一覧

CBDとCBNの違いとは何か?

CBDの普及と共に近年注目されるようになったCBN。両者とも似たような名前ですが、どのような違いがあるのでしょうか。ここでは、CBDとCBNのそれぞれの特徴と違いについてみていきます。

【目次】
CBDとCBNの違い
CBDのメリット
CBNのメリット
CBDとCBNの副作用
CBDとCBNは合法?
CBDとCBNの現在と今後

CBDとCBNの違い

CBDもCBNも共に、大麻草から生成されるカンナビノイドと呼ばれる有効成分です。体内のバランスを促進するカンナビノイドですが、両者以下のような違いがあります。

  • CBDは大麻草の成熟した茎や種子から抽出される成分に対し、CBNはTHCの酸素や熱による分解によって派生する

  • CBD は受容体に直接働きかけることはないが、CBN は主に脳や中枢神経に作用するCB1 受容体や、主に末梢器官や免疫系に関与する細胞のCB2 受容体にも直接働きかける

  • CBDは大麻草から摂れるカンナビノイドでは2番目に多く摂れるカンナビノイドに対し、CBNは1%未満と摂るのが難しい成分で、その希少性から“レアカンナビノイド”とも呼ばれている

  • CBN はテルペンと相性が良いとされ、CBDと比べてより高いアントラージュ効果が期待される (※アントラージュ効果: 麻や大麻草中のCBDやCBNなどの化合物とテルペンが相互に働き、個々の化合物の働きを助け合い高め合うこと)

CBDのメリット_不眠・不安・緊張・痛みなどの症状を緩和

人間には、体全体のバランス調整を司るエンドカナビノイドシステム(ECS)と言われる機能があり、体の中の機能やプロセスを安定させる上で大きな役割を果たしています。
CBDはその機能を活性化させる作用があり、この働きにより以下のような効果があると言われています。

エンドカナビノイドシステム(ECS)についてもっと知る:

CBDの効果とは何か?

ストレス緩和・リラックス作用

CBDがセロトニンやドーパミン等の神経伝達物質に働きかけ、自律神経を整えることでストレスを緩和し、不安の解消やリラックス効果を得られます

そのため、CBDを摂取することで精神的な不安を軽減する効果が望めます。  

炎症・痛みの軽減

CBDには抗炎症作用・抗酸化作用があり、自己免疫疾患などの炎症を引き起こす疾患の治療に役立つと期待されています。皮膚炎アレルギー、ニキビ、火傷などの皮膚トラブルの改善、アンチエイジングの作用があるとも言われています。 

不眠の改善

不安や炎症・痛みを軽減し、ストレス緩和やリラックス効果を得ることで、結果的に自律神経系が整い、上質な睡眠につながると考えられています。

また、不眠症の方が、CBDの使用によって睡眠時間の延長が見られた等の研究があり、不安感や神経症が原因による睡眠障害の方にとってCBDは特に有効とされています。

その他以下のような悩み・症状への有効性

片頭痛、筋緊張、不穏状態、疲労感、集中困難、精神疾患、てんかん、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、ハンチントン病、低酸素性虚血障害、関節リウマチ、感染症、循環器疾患、糖尿病合併症 

具体的にCBDがどのように作用しているのかは、まだ研究段階です。しかし、CBDの痛みや不眠等、様々な症状に対する有効性が多くの研究によって確認、期待されています

CBNのメリット_テルペンと作用しより高いアントラージュ効果を発揮

CBNは、CBD・THCと並んで三大カンナビノイドと呼ばれる成分の一つです。

効果の実感が早い・分かりやすい、CBDと比べて、よりリラックス効果が高いといった特徴があり、特に鎮静作用や睡眠補助剤としての機能が強いと言われています。また、ヘンプ中のカンナビノイドの中で、最もテルペンとの相性が良いとされています。

テルペンとのアントラージュ効果

テルペンは植物の精油成分に含まれる成分で、特有の香りや苦みがあります。

テルペン自体にリラックス効果や高血圧の予防、炎症を抑制する効果がありますが、CBNと一緒に同時に接種することでアントラージュ効果を生み、より高い効果が期待できます

その他期待できる効果

CBN は抽出が難しい点からもCBDほど多くの研究が進んでおらず、その効果を裏付ける為の研究はまだ始まったばかりです。

現時点では、痛みの緩和、神経保護効果、鎮静作用、抗痙攣作用、抗炎症作用、睡眠補助に効果があると考えられています。

CBDとCBNの副作用

CBDとCBNの効果が分かった一方で、副作用があるのかどうか気になるところではないでしょうか?

CBDの副作用

CBDは臨床試験も多く行われ、安全性が高い成分と世界でも認知されています

最も代表的な副作用として「眠気、めまい」があり、その他にも「倦怠感、下痢、発熱、嘔吐、疲れ、頻脈、頭痛、体重と食欲の変化、肝障害など」が上げられますが、実際に重度の副作用が報告された例はありません

CBDの副作用についてもっと知る:

【CBDオイルの安全性】副作用はあるのか?CBDの正しい知識を得よう!

CBNの副作用

CBNについてはCBNの研究自体がまだ十分にされておらず、その副作用もまだ未解明な部分が多いのが現状です。

一部では、CBN はCBDと比べて眠気を誘発する可能性がより高いとの報告があります。CBD・CBN共に「車の運転」や「妊娠中授乳中」の使用は避けた方が良いでしょう。

CBDとCBNは合法?

CBDもCBNも違法なものではなく、合法です。
特にCBDについては世界的にも研究が進んでおり、その安全性についてはWHO(世界保健機関)でも認めています。

また、日本でも厚生労働省 麻薬取締部HPにおいても、『大麻草の成熟した茎や種子のみから抽出・製造されたCBD(カンナビジオール)を含有する製品については、大麻取締法上の「大麻」に該当しません』と明記されています。

日本で大麻取締法によって違法となるのは、麻の花穂・葉・根から抽出されるTHC「Tetrahydrocannabinol(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)」という成分です。THCには精神活性作用(陶酔作用)になる成分が含まれており、一般的にこのTHCが依存性のある大麻の作用として機能します。

CBNはTHCを由来とするカンナビノイドですが、THCが分解されて別の構造となった為THCとしては検出されません。また、依存性はなくハイにもなることはなく、殆ど陶酔作用もありません。

成分を大麻の茎や種子から抽出することからも、違法にはなりません。

CBDとCBNの現在と今後

現在CBDの研究は飛躍的に進んでおり、すでにその安全性は世界的に見ても高く評価されています。そのため、市場ではあらゆる種類のCBD製品が流通しています。

一方で、CBNは未知のカンナビノイドとして今後さらなる研究や臨床試験を必要とされています。ただし、CBDにはない効果の可能性について着目している研究者もいます。

また、CBN製品は大麻から摂れる割合が少なく、その希少性から一般的にCBD製品よりも高額で販売されている傾向にあります。

これも今後のCBNの研究によっては変わってくるかもしれません。“CBD製品を試したけど効果がなかった”という方はCBN製品にも注目してみてはいかがでしょうか。

参考:
https://www.zenplace.co.jp/column/medical/cbdherb/11387.html
https://cbd.co.jp/column/cbd-for-inflammation/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5569602/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6326553/
https://www.naturecan.jp/a/blog/cbd/what-are-cannabinoids/https://vapemania.tokyo/what_is_the-difference-between-cbd-and-cbn/
https://vapemania.tokyo/what-is-cbn-cannabinol/
https://www.vapestudio.jp/column/safety/vape_093/
https://withcbd.jp/cbd-vs-cbn:メリットと違い/
https://www.vapemania.jp/html/page24.html
https://aromicstyle.com/blog/column/cbdとは何?効果や使用方法をご紹介/
https://himitsu.wakasa.jp/contents/terpene/
https://www.naturecan.jp/a/blog/cbd/what-is-cbn-benefits/
https://cbd-library.com/cbn/

_Blog