商品一覧

CBDが効くまでの時間と効果の持続性

CBDを初めて使う方は、CBDを摂取してからどれくらいで変化を感じるのか、そしてそれはどれくらい続くのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、そんなあなたの疑問を解決していきたいと思います。

【目次】
CBDが効くまでの時間に影響する要因とは?
摂取方法とCBDの効果と持続性
摂取タイミングとCBDの効果と持続性
摂取量とCBDの効果と持続性
体重とCBDの効果と持続性
代謝とCBDの効果と持続性
実際に使っている人はどれくらいで効果を感じているか?

CBDが効くまでの時間に影響する要因とは?

CBDを摂取した後、効果を感じるまでの時間や効果の持続性は、様々な要因によって大きく変わります。

具体的には:

  • 摂取方法
  • CBDの摂取タイミング
  • CBDの摂取量
  • CBDを摂取する人の体重
  • CBDを摂取する人の代謝

そのため、一概にCBDの摂取後〇時間で効いて、〇時間持続する、ということができません

ですが、下記の表にあるCBDが効くまでの時間とその効果の持続性を参考にしていただき、CBDの摂取量を調整する目安にしていただければと思います。

摂取方法とCBDの効果と持続性

CBDはどのような方法で摂取するかにより、その効果を感じるまでの時間が大きく異なります。

 

舌下摂取

経口摂取

蒸気摂取

局所摂取

摂取方法

唾液腺から摂取

口から飲み込んで摂取

肺から摂取

肌から摂取

製品タイプ

CBDオイル

CBDワックス

CBDカプセル

CBDグミやチョコレート等

お菓子

CBDリキッドCBDワックス

CBDオイル

CBDクリーム

ローション

吸収経路

唾液腺から舌下静脈瘤へ

唾液腺や胃や肝臓などの消化プロセス

肺から血流へ

脂質や細胞間の浸透、毛包から拡散

効果を感じるまでの時間

15~30分

30~60分

10~20分

25~60分

CBDの効果が続く時間

4~6時間

6~8時間

2~4時間

2~4時間

上記の表からわかるように、CBDの効果をできるだけ早く感じたい場合は蒸気摂取し、CBDの効果をより長く感じたい場合は経口摂取をすることが、最良だと言えます

また、CBDをより効果的に摂取する方法の一つとして、MCT(中鎖脂肪酸)と一緒にCBDを摂取する方法があります。

MCTは、私たちに身近な食べ物だと牛乳やココナッツオイル等に含まれる成分です。MCTは、CBDが消化器官で分解されないように守ってくれる作用があり、そのことでCBDをより効率的に血流に届けてくれます。

このことで、CBDの効果をより早く、そしてより長く感じることが出来ると言われています。

摂取タイミングとCBDの効果と持続性

CBDを摂取するタイミングについてよく質問を受けますが、CBDを摂るタイミングも、CBDの効果が現れるまでの時間やその持続性に関りがあります。

一般的に、CBDは空腹時に摂取すると満腹時よりも早く代謝・排泄されるため、効果を早く感じることができますが、効果の持続時間は短いと考えられています。

摂取量とCBDの効果と持続性

CBDの摂取量は、CBDの効果を感じるまでの時間には大きく作用しないことが分かっていますが、効果の強さや効果の持続性との関係は、まだ研究段階です。

ただし、CBDの体内残留期間は、他の物質と同様に摂取量が多いほどその残留期間は長いと考えられています。

※詳しくは、下記「CBDの効果持続性と体内残留期間」を参照。

体重とCBDの効果と持続性

体重は、CBDの効果を感じるために必要な摂取量に大きく関わっています。
一般的に、体重が重い人は、効果を感じるためにより多くのCBDを必要とし、CBDの効果を感じるまでの時間も、体重が重い人の方が長いと考えられています。

一般的な体重とCBDの摂取量の関係はこのようになります。

効果を感じるために必要なCBD摂取量

体重

CBD摂取量

40~60kg

11~17mg

61~80kg

15~23mg

81~100kg

23~27mg

101kg以上

22mg~


ご覧の通り、体重が重ければ重いほど、効果を感じるために必要なCBDの量は多くなります

一方で、CBDの効果の持続時間は、体重が重い人、特に体脂肪が多い人の方が、長くなると言われています。これは、脂肪細胞に保存されているCBDを処理することに時間かかることが理由にあるようです。

CBDの効果持続性と体内残留期間

CBDが体内に残留する時間を見てみると、体脂肪が多い人の方が、CBDが体内に蓄積されやすいことが分かっています。

注意していただきたいのは、これはCBDの効果が長く続くという意味ではないということです。

CBDの体内残留期間が長い場合のメリットは、CBDが体内に残留されることで、使用当時と同じ効果を得ながら、徐々にCBDの摂取量を減らしていくことができる、ということです。

つまり、体内に貯蓄しているCBDの量が多いと、少ないCBDの摂取量で効果を感じやすくなるため、より効率的にCBDの効果を得ることができるようになります。

なぜ体脂肪が多い人の方が、CBDを体内に貯蓄することが出来るのかというと、CBDは脂肪細胞に蓄えられることが理由にあります。

一般的に、体重が重い方は体脂肪も多く、体脂肪が多い人は、より多くのCBDを吸収して体内に保存することができます。

CBDは摂取してから2日から5日体内に残る、と言われていますが、体脂肪の多い方は、それよりも長くCBDが体内に残る可能性があると考えられています。

代謝とCBDの効果と持続性

個人の代謝率がどれくらい高いかも、CBDの効果を感じるまでの時間とその持続性に大きく関係しています。

身体の代謝は、摂取した成分を分解して合成する時間に関わっています。

例えば、高齢者は若者に比べ身体の代謝が低く、一般的にその分解速度が遅いため、CBDの効果を感じるまでに時間がかかります。身体の代謝が良い若者は、その分成分を早く分解できるため、CBDの効果を感じるのも早いです。

一方で持続性を見てみると、代謝が良い人は、より早くCBDが代謝されるため、CBDの効果の持続性や体内残留期間が短い傾向にあります。

CBDを実際に使っている方の声

ここで、実際にCBDを使っている方が、どれくらいの時間で効果を感じ、それがどれくらい持続しているのかを紹介します。

ご参考までにご覧ください。

CBDオイル・リキッド・カプセル利用 – 40代不動産業経営

CBD摂取目的:
普段、神経を使う仕事が多いのでリラックス目的で使用しています。

CBD摂取方法:
舌下摂取とベイプをメインに使用しています。
飛行機などに乗る際にリラックスしたいときは、カプセルタイプを使用しています。

CBD摂取タイミングと摂取量:
就寝の20分ぐらい前に10mg前後。

CBDの効果を感じるまでの時間:
オイルタイプで20分ぐらい、ベイプタイプだと10分ぐらいで効果を感じています。

どんな効果がでるか:
就寝前に摂取すると身体の力が抜けてきて、いつの間にか寝ています。
寝起きがすっきりしていてダルさが緩和されました。

どれくらい効果が持続するか:
摂取したシチュエーションにもよりますが、就寝前に摂取すると朝方まで効果があるように感じます。

CBDオイル利用 – 30代コンサルタント

CBD摂取目的:
寝つきが悪く夜中も目を覚ましてしまうため、良質な睡眠をとるためにCBDを摂取しています。

CBD摂取方法:
CBDオイルを舌下摂取しています。

CBD摂取タイミングと摂取量:
寝る前ベッドに入ってすぐ。10ml(1%CBD濃度) を3滴くらい。
その後本を読んだりしています。夕食からは3時間は空いていますが、空腹状態ではありません。

CBDの効果を感じるまでの時間:
舌下摂取した後15分程度。

どんな効果がでるか:
あくびが出てうとうとしてきて眠くなるので、CBDが利いてきたな、と気付くことができます。

どれくらい効果が持続するか:
CBDの効果を感じて夜12時頃寝てから朝の7時半ごろまでぐっすり眠れています。
たまに夜中起きることもありますが、CBDを飲み始める前に比べるとだいぶ減りました。

様々な要因が作用するCBDの効果

ビタミンCやセサミン、その他栄養ドリンクなどと同じように、CBDも摂取方法や、摂取タイミング、その他摂取する人の身体の状態等、様々な要因によって、効果がでるまでの時間、そしてその効果の持続性は異なります。

大切なのは、自分に合った量を目的に応じたタイミングで摂取していくことです。

「CBDの効果を感じない」という方は、効果を感じやすい摂取方法やタイミングでCBDを摂取し、少しずつCBDの摂取量を増やしていきながら、自分に合った量を見つけていくようにしましょう。

 

参考:
https://medium.com/cbd-origin/how-long-does-cbd-take-to-work-69b27684c0ee
https://www.healthline.com/health/how-long-does-cbd-stay-in-your-system#factors
https://www.cornbreadhemp.com/how-long-does-cbd-take-to-work/
https://venacbd.com/blogs/news/why-is-mct-oil-used-in-cbd-products
https://www.cbdkyro.com/education/how-long-does-cbd-last-to-work/
https://supanaturals.com/blog/how-long-do-the-effects-of-cbd-last/

_Blog